スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録(2014年度戦績)



今日は年度末。
明日から新年度なので2014年度の戦績を備忘録

ビビリBOYが今のチームに入れてもらった
2014年11月~2015年3月までの5ヶ月間をまとめ。

身長131cm。チーム一のチビッ子くん。
そして、もうすぐ5年生なのにいまだに
自転車に乗れない、逆上がりが出来ない、
泳げない子ですが頑張っています

‐ 凡例 ‐ 
①日付②大会
③相手④スコア(ビビリBOYゴール)*備考

①2014/11/16 <TRM>
 ・N鶴 2-3  *デビュー戦
 ・K鶴 2-1
 ・N鶴 3-0

②2014/11/24 <S杯(8位)>
 ・O台 0-3
 ・T南 0-2
 ・EF 1-2 *FK
 ・O木 0-2 

③2014/12/7 <TRM>
 ・P入 0-1
 ・P入 0-6 *お休み
 ・P入 4-2

④2014/12/14 <K杯(3位)>
 ・S台 1-1
 ・Kヤ 6-0 *FK2本
 ・M岡 0-3

⑤2014/12/21 <S杯(優勝)>
 ・S戸 7-0
 ・A梅 1-3
 ・S武 3-1
 ・AS 3-1

⑥2014/12/23 <EマッチU10>
 ・Aマ 1-2
 ・I塚 1-1

⑦2015/1/11 <A招待(5位)>
 ・Nス 1-2
 ・Aい 0-3
 ・M原 3-0
 ・Aい 2-1

⑧2015/1/18<TRM>
 ・M岡 1-0
 ・W葉 0-2 *お休み
 ・K戸 1-1
 ・M岡 0-1
 ・K戸 5-2
 ・T平 0-0
 ・W葉 1-2 *お休み

⑨2015/1/25<TRM>
 ・Nた 2-2
 ・OS 3-1 
 ・A野 0-0

⑩2015/2/11<TRM>
 ・Sザ 5-0
 ・Sザ 6-1 *お休み 
 ・Sザ 5-1
 ・Sザ 4-0 *お休み

⑪2015/2/28<TRM>
 ・W央 3-1
 ・W央 1-0 
 ・W央 5-1

⑫2015/3/14<TRM>
 ・M台 8-0
 ・B子 1-1 
 ・K辺 3-1
 ・S戸 5-0

※44試合 22勝15敗7分(0.500)
  ビビリBOY 39試合出場(27ゴール)


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

新年度スタート!



昨日は所属する少年団の卒団式でした。
会場には卒団する6年生が今まで手に入れた
トロフィーがズラリと40個以上
この代は県大会でベスト16まで行ったようで、
結構強かったみたいです
卒団おめでとうございます。

卒団式のあと、各学年ごとに新年度のコーチと
キャプテン、背番号の発表がありました。

ビビリBOYたちの新5年生は、
 ・コーチ … そのまま(良かった)
 ・キャプテン … 交代(びっくり)
 ・背番号 … 後述(なるほど)

5年生から監督が関わってくるようで、監督の意向で
キャプテン交代、背番号も固定化(今までは試合ごと
に流動的だった)になりました。

監督はいつも6年担当なので普段ほとんどこの学年の
子は見ていないと思っていましたが見てますねぇ…。
侮れません。なるほど納得でした

新キャプテンは、口数の少ない、チームで2番目に
身体の小さな子(1番ちびっこはビビリBOY)ですが、
チーム1闘える子。言葉で引っ張れない分、背中で
引っ張るタイプです。同じマンションの同じフロアに住む
幼馴染くん。新年度からキャプテン・背番号10・トップ下
のまさに大黒柱として大車輪の活躍期待してます

ビビリBOYは、背番号「8」をもらいました。
クリロナ崇拝&漫画ファンタジスタの轍平好きで、
昔から「7」か「14」ばかりだったので、違和感バリバリ。
まったく見慣れません…。本人は、
「イニエスタ、トニ・クロース、オスカルと一緒だぁ~
と、すぐに切り替えて喜んでいますが。
「8」と言えば、マジーニョ・小笠原・野沢・土居でしょ

あ、ちなみにK太くん、
「背番号と試合に出る出ないは関係ないからな~。」
って、監督言ってたの聞いてた?


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

お世話になりました。



一昨年クラブチームを辞めて週末だけの少年団に移り、
平日時間が出来たので入った近所のJチームスクール。
今日は4年生クラス最後の練習日でした。

この1年間担当して頂いたIコーチとは本日でお別れ
本当に1年間大変お世話になりました。

Iコーチは、元Jリーガー。
模範実技でいつも子供たちを虜にし、きめ細やかな指導は
毎回なるほどなぁー、と唸らされるばかりでした。
プロって、そこまで考えてプレーしてるのか…
私も見学に行くたびに非常に勉強になりました。

最後にIコーチからビビリBOYに向けて

「K太にはいつも言ってるけどこれからも
 『常にゴールを意識してプレーしろ!』
 そのことを絶対忘れるな!」

との贈る言葉を頂きました。

ビビリゆえに、プレー中、すぐにパスを選択し、アシストに
喜びを見出す子だったのが、「まずゴールを狙おう!」
というスタイルに変わって来れたのも、毎回口を酸っぱく
して指導して頂いたIコーチのおかげです。

また、親子とも最も心に残っている出来事。
昨秋のセレクションに落ちた後の1発目のレッスン。
Iコーチから傷心のビビリBOYへ贈られたたった一言。

「ここからだぞ!」

涙ぐみながら頷いたあの日からビビリBOYのサッカーに
対する意識が確実に変わった気がします。

本当にお世話になりました。
どうもありがとうございました。

さぁ、また来週からの5年生クラスもがんばろう


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

サッカーが出来る喜び



今日はビビリBOYと一緒に大学病院に行ってきました。
いつもの定期検査です。

ビビリBOYが1歳になる前からなのでもう10年以上、
この大学病院に通っています。

ソファから落ちて念のために撮ったレントゲンで?
→ CTで? → MRIで? → 大学病院へ…

「大きくなっても運動は無理かもしれませんね…。」

と、医師から言われた時には、頭真っ白になりました。

「すぐ手術した方がいいと思います。」
と何人もの医師に言われたものの、なぜか直感的に
どうしても受け入れられずにいたところ、一番偉い教授の
「もうちょっと様子を見てみましょうか。」
の一言で手術回避。

そして様子見のまま10年以上が過ぎました。
お陰様で今日まで元気です。
身長は小さいけど、いつも明るくて、太陽みたいな子で、
キラッキラしてます

生かしてもらえてるなぁ、としみじみ思います。

走ってます(遅いけど…)
サッカー出来てます(下手だけど…)

それだけで本当に十分です。感謝です

p.s. 帰りに駐車場でJリーグ選手に会いました。
検査がんばったご褒美かな


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

ビビリBOYの頑張りの歴史



もうすぐ5年生になるビビリBOY。
今まで履いたサッカーシューズを処分する前に記念撮影。
並べてみるとずいぶんな数になっていました。

シューズの歴史は、ビビリBOYの頑張りの歴史です。
靴底がすり減るまでは新調しないのが我が家のルール。

小学校入学から現在までの4年間で、

 ・トレシュー … 16足
 ・スパイク … 3足
 ・フットサル … 1足

の合計20足消費しました。  
これが果たして多いのか少ないのかはわかりません。
ただ、履きつぶした1足1足に思い入れがあります。

あの試合でゴールを決めた時はこのシューズだったなぁ…。
あの負けて大泣きしてた時はこのシューズだったなぁ…。
友達と同じシューズで友達のと間違えて履いて帰って来て
大笑いしたのはこのシューズだったなぁ…。
…etc

これからもサッカーシューズと思い出が増え続けますように

P1090122.jpg P1090124.jpg P1090123.jpg

P1090129.jpg P1090127.jpg P1090126.jpg

P1090128.jpg P1090125.jpg P1090130.jpg

P1090131.jpg P1090132.jpg P1090133.jpg

P1090134.jpg P1090142.jpg P1100089.jpg

P1090725.jpg P1090722.jpg P1100087.jpg

P1100080.jpg P1100092.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

ビビリBOYの毎朝の習慣



今朝はクラシコでしたね。
長男とビビリBOYと3人で早起きしてTV観戦しました。

日本で他にいるのかな?と思うソシエダファンの長男と、
サッカーは観るのだけ好きなど素人の私が、わざわざ
早起きして観るのは、クラシコとW杯、EUROくらい。

でも、ビビリBOYにとっては早朝のTV観戦が、毎朝の
恒例行事。小学校入る前の幼稚園の年長くらいから
ずっとほぼ毎日5年続いています。

ビビリBOYの毎朝の起床時間は、大体5時くらい。
一人で起きて、一人で朝ごはんを食べながら、
一人でずーっと、じーっとTVを観ています。

今朝のようにリーガの生中継がある時にはチームに
こだわらず観戦し、中継がない時にはいつの間に録画
したのか?の、リーガやプレミア、セリエA、ブンデスの
試合を観てから登校していきます。

イメトレのためとか、そんなことは一切考えてないようで、
単純にサッカーを観るのが好きなだけみたいです。

「オレ、もし欧州サッカー選手クイズ選手権があったら、
優勝する自信あるんだけどなぁ…。」

と語るビビリBOY。
私も子供の頃、プロ野球選手名鑑を暗記して

「プロ野球選手クイズ選手権があったら優勝する自信
あるんだけどなぁ…。」

って言ってたっけ。

私のプロ野球選手知識は、その後なんの役にも立ち
ませんでしたが、彼のこの毎朝の習慣がいつかどこかで
活かされる日がやって来るといいのですが…。

例えば、知らない間に彼の脳に世界のサッカーが刷り込まれ、
知らず知らずの内に、無意識にスター選手のよいプレーが
彼のプレーに再現されていた!とか…

な~んて


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

ビビリBOYの(よくありがちな)夢

健太記事3

ビビリBOYが3年生の時、彼の記事が
4大新聞のひとつに載ったことがあります。

-------------

「私の夢、ぼくの夢」

ぼくの夢はサッカーせん手でレアル・マドリードの10番
になることです。ぼくがあこがれているクリスティアーノ・
ロナウドせん手みたいになってしあいに出たいです。
だからこれからも毎日れんしゅうをがんばりたいと思います。
ぼくは夢をかなえます。

-------------

床屋で順番待ちをしていて我が家とは違う新聞を手に取り、
偶然この記事を目にした時には、何も聞いていなかったので
本当にビックリしました

床屋のお兄さんにお願いして記事が掲載されている新聞を
もらい、自宅に慌てて走って戻った日がすでに遠い昔のように
懐かしく感じられます…。

あの頃は、まだ0.000001%くらいは夢が叶う可能性が
あるかもしれない。もし夢が叶ったら、本田やイチロー
みたいに、この記事が将来世間に出るかもしれない。

だとしたらこの記事念のために大事に取っておくか…。
な~んて真剣に思ったりしてたっけ

子供の頃、夢のない子だった私は、ビビリBOYの夢が
サッカー少年にとってはよくありがちな夢にも関わらず、
あまりにもキラキラしていて、現実的に考えることが
出来ずに、大妄想の世界に浸ってしまっていました。

夢を語るビビリBOYが、やけに眩しく見えたあの頃だった…


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

2度の移籍を経て



ビビリBOYは、小学校に入学してから今までに
2度の移籍を経験しています。

 ・強豪クラブチーム(2年2ヶ月在籍)
        ↓
 ・隣町の弱小少年団(1年5ヶ月在籍)
        ↓
 ・現所属の地元少年団(5ヶ月経過)

強いクラブチーム、弱い少年団、強くも弱くもない少年団と
それぞれ異なるタイプのチームに在籍させてもらいました。
結果的にはとても貴重ないい経験になっています。

辞めた2チームとも本当にいいチームでした。
今もずっと変わらず感謝の気持ちしかありません。

クラブチームでは、幼稚園時代を含め4年ちょっとの間、
サッカーの基礎をしっかりと叩き込んで頂いただけでなく、
サッカーの厳しさの一端を垣間見せてもらい、本当に勉強
になりました。ビビリBOYの原点は間違いなくここにあります。

また隣町の少年団では、忘れかけていたサッカーの楽しさ、
仲間の大切さを思い出させてもらい、またサッカーを頑張ろう!
と思い直すきっかけを与えてもらいました。
このチームに入っていなかったら、今頃ビビリBOYはサッカーを
辞めていたことでしょう。

2チームとも在籍している時には、まさか辞める日が来るなどとは
全く予想していませんでした。世は無常ですね…。

「○○という理由で、残念だけど、悲しいけどチームを辞めたい。」
いつもビビリBOY本人の口から突然の宣言で驚かされました。

単にチームの何々が嫌だとか、誰々が嫌だとか、そういったことでは
なく、私が聞いても、コーチが聞いても、チームメートが聞いても、
「あぁ、それなら仕方ないな…。」といった納得の理由でした。

「誰のものでもない。K太のサッカーは、K太自身のものだ。」
理由の原点(夢)がはっきりしているので、辞めるチームのみんなとも
、父兄とも、コーチともいつも最後は笑顔でお別れです。

2度の移籍を経て、辿り着いた今の少年団。
所属するチームに、初めて同じ小学校の友達がいます。
幼稚園時代のクラブチームで親友だった友達がいます。
幼稚園入園時に、初めて出来た友達がいます。
同じマンションの同じフロアに住む幼馴染の友達がいます。

何かに吸い寄せられるかのように集まった仲間たち。
仲が良くて、負けん気が強くて、ひとつになって戦えるチーム。

K太、持ってるなぁ…。
あと2年、感謝を忘れずに思いっ切り自分のサッカーを楽しめよ~!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

ビビリBOYのプロフィール

20150318-1

ビビリBOYは、もうすぐ5年生。
大好きなサッカーは、幼稚園の年中さんから始めたので
サッカー歴は、もうすぐ丸6年になります。

赤ん坊の頃からしょっちゅうカシスタに連れて行っていたせいか、
物心がついた頃には、サッカーボールさえ与えておけば、あとは
何も要らない子に自然と成長していました。

小学校に上がると、幼稚園でサッカーを教えてくれていた指導者が、
県内では強いクラブチームのコーチだったご縁で、ごく自然な流れで
そのクラブチームのお世話に。

しかし、いろいろあって、3年生の途中に今度はお隣りの街の決して
強いとは言えない少年団に移籍。そこで約1年半お世話になった後、
また昨年の11月に今度は、強くも弱くもない普通の地元の少年団に
移籍し、現在に至ります。

移籍を繰り返す面倒くさい勘違い親子と思われるかもしれませんね(笑)
実際、移籍に至るまでには、本当にいろいろなことがあり大変でした…。
書くと長くなってしまうので、詳細についてはまた後日改めます。

ただ言えることは、今のチームは本当に最高の環境です。
良い指導者、良い仲間に恵まれて、いつも笑顔が溢れています。
お陰様で、ビビリBOYも私も本当に毎日楽しくて幸せです。

今のチームに入れてもらえて本当に良かったです。
今のチームに入るために今までがあったんだと本当に思います。
今までの流れが必然だったと思わずにはいられません。

今、親子共、落ち着いてサッカーに向き合えていることにただ感謝です。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

初めまして。

初めまして。

もうすぐ5年生だというのに、いまだに自転車に乗れない、逆上がりが出来ない、
泳げない、ジャングルジムに登れない、めっちゃビビリの我が家の次男K太くん。

それでもサッカーが大好きで、サッカーだけは負けられない!
そんなビビリBOYの日常をサッカーど素人のオヤジが綴ります。

誰の何の役にも立たないであろう単なるオヤジの備忘録です。
さて、ビビリBOYの未来にはどんな未来が待っているのかな。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。