スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・甘い目論見から



前々回、前回の続きです。

土曜日、次男の練習を見学していると、
携帯に知らない番号の着信が何度も…。

以前あったいたずら電話の番号に似ていた
ので、てっきりまたかと思いスルー…。

帰宅してからも携帯に何度も電話あり、
気持ち悪いなぁ…、と嫁にそのことを話して
いたら、今度は同じ番号の着信が自宅に

これは、最近自宅周辺でよく被害を聞く
「オレオレ詐欺」だな!と勝手に思い込み

目一杯ドスを効かせて
「はい…。どちら様ですか

すると、
「夜分に大変申し訳ございません。
 昨日お電話差し上げましたJスクール
 事務局の○○です。本日何度も日中に
 お電話差し上げたのですが、、、」

はっ!?

本能的に態度豹変の私(苦笑)
今度は目一杯出来る限りの明るい声で、
「昨日はどうもありがとうございました~!
 本日電話に出られないところにずっと
 おりまして~…」

事務局(女性):
「さようでございましたか…。(疑ってる?)
 さて、昨日お電話差し上げました後に、
 現在K太くんを担当しておりますF校の
 コーチより、お客様がウェイティング登録
 されたクラスより上の5・6年選抜クラスの
 テストを受けてもらうようにと伝言承り
 ましたが、いかがなさいますか?」

はぁ

私:
「いやいや、うちの子じゃ無理でしょ…」

事務局(女性):
「私では分かりかねます。(そりゃそうだ
 私はコーチから伝言頼まれましたので
 お電話差し上げましただけで…。
 では、テストはお受けになられないと
 いうことでよろしいでしょうか…?」

私:
「いえいえ。今、すぐに次男に聞いて
 みますのでちょっとお待ち下さい(汗)」

(「お~い、K太~(事情説明…)」)

次男:
「受けるに決まってんだろっ!!
 めっちゃ楽しみ~~~

ビビリBOY、ビビらずチャレンジ決意!

テストは来週。
受かっても落ちてもきっといい経験に
なるのは間違いないでしょう

「環境は自分でつくるもの」
やっぱり動くと道は開けるもんだなぁ。

スクール移籍問題は予想外の展開に…。

to be continued …


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

甘い目論見から



昨日Jスクールを変える計画を綴りました。
親子で勝手に決めて、希望するクラスが
定員一杯だったのでウェイティング登録。
この先どんな展開が待ってるのか?
to be continued…

なーんて、お気楽に考えてたら、早速J
スクール事務局から電話が入りました。

「誠に申し訳ございません。現在お待ち
 頂いているお客様が18名いらっしゃい
 ます。何卒ご了承頂きますようお願い
 申し上げます…」

あら…

私:
「定員20名だから、うちの子が入るため
 には、ほとんど全員の子が辞めないと
 入れない。そういう理解でよろしいで
 しょうか…?」

事務局:
「そういうことでございます…」

私:
「ってことは、まず入ることは不可能と
 認識してよろしいのでしょうか…?」

事務局:
「可能性は0%ではございませんが…」

私:
「0.000001%くらいかな(笑)?」

事務局:
「申し訳ございません…」

いやいや、完全に目論見が甘かった
家族みんなで大笑いしてしまいました

聞くと片道2時間かけて遠方から来てる
子もいるとか…
うちは近所だからって、安易に考えていま
したね。真剣さが足りなかったです
今更近所にJスクールがある有難さを知る。

さて、ここは縁がなかったようですね…
一番上の選抜クラスも紹介されましたが、
コーチ数人のお墨付きがないと入れない
とのこと。次男じゃさすがにそこまでは…。

さぁ、どうするかぁ…。
と考えながらブラブラと街を歩いていたら、
天才Tくん(まだ表に出てきてない子)と
遭遇!久しぶりに再会

私:「元気だった~?」
T:「おかげ様でー。K太元気?」
私:「Tがスクール辞めて元気ないよ…」
T:「そうなんだ。じゃあさ、オレ今行こう
  かなって思ってるスクールあるから
  K太に一緒に行こうって言っといて」

同じ日の出来事です。
捨てる神あれば拾う神あり…

to be continued …


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

環境は自分でつくる



長男の友人かつ次男の少年団の先輩でも
ある子がJトップチームに登録されました!

大好きな遠藤選手(鹿島)が日本代表候補に
初めて選出されました!

我が家にとって嬉しいニュースが続きます

さて、昨日はJスクールでした。
以前にも綴りましたが、このクラスは初心者
から上級者までレベル分けせず、一緒に
練習しています。

次男がスクールに入った2年前は、皆どこか
のチームに属しながら平日練習のために
来ている様子で次男が一番下手っぴ。
ついていくのがやっとでした。

あれから2年。コーチも変わり、メンバーも
随分変わりました。現在はどこのチームにも
所属せず、サッカーは週1回ここで1時間
やるだけの子が半数以上となりました。

中には中学受験でアピールポイントのひとつ
となるようサッカーをやらされている子や、
共働きで学童保育の延長時間として通わさ
れている子なども見受けられます。

そんな中、次男の様子を見ると、練習前後は
他の子と談笑して楽しそうですが、あれほど
以前は楽しい、楽しいと喜んでいた練習中
が最近はあまり楽しそうではありません。

次男は相変わらず上手ではありませんが、
サッカーは7年目。3度の飯よりサッカー
の子。さすがにこの春からサッカー始めた
子たちとはレベルが違い過ぎます。
そしてもっと違うのはレベルより「意識」。

私は縦割りや、レベルに関係なくいろんな子
とやることもコミュニケーション力の向上
や、サッカーの勉強にもなるかな?と思って
今まであえて黙って見守っていました。

以前の私なら
「こんなレベルの中でやってなんの意味が
 あるんじゃ~!とっとと辞めろ~!」
と言っていたことでしょうが…(苦笑)

で、昨晩ようやく次男から
「最近、Jスクールつまんない…」
とやって来ました。

私:「Jスクールは何のために行ってるの?」
次男:「上手くなるため」
私:「今のクラスじゃ上手くなれないの?」
次男:「なれない」
私:「じゃ、どうしたらいい?」
次男:「Jスクールのコーチは好き。出来た
    ら同じスクールのやる気のある子が
    たくさんいるクラスでやりたい」

誘導尋問するつもりはありませんでした。
ま、でも予想通りの展開。いつかこうなる日
が来るかな、と思っていましたが…。

早速、ネットで同じJスクールのHPを
チェック。別の校舎を検索していると、
スクールの指導理念に、

『上手くなるためには、自分に適したレベル
 (クラス)でプレーし、成功と失敗を経験
 することが必要です。さぁ、コーチと一緒
 に自分にあったクラスでレベルアップを
 目指しましょう!』

と、書いてあるのを発見!
おいおい、、、

さて、結局、次のスクール校舎は、自転車で
約30分の校舎にしました。ただ、次男は
自転車に乗れないんですよねぇ…
だからこの校舎、今まで検討外でした。
これを機に自転車に乗れるようになるか!?

所属チームも2度移籍し、スクールもこれで
3度目かな?逃げではありません(きっと)。

我が家のモットーのひとつ
『環境は自分でつくる!』

さて、希望のクラスは定員一杯でした。
仕方なくウェイティング登録。
この先一体どんな展開が待ってるかな


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

一区切り



GWは家族がいるので更新出来ませんでした。
バレないように平日のみ更新のブログです

さて、楽しみにしていた市民大会が5/3
に行われました。

結果は9チーム参加中、優勝

(予選リーグ)
 ① vs Kン 10-0
 ② vs M台 9-0
(決勝リーグ)
 ① vs Sジュ 5-0
 ② vs M野 0-0

一番楽しみにしていた古巣との対戦は、予選
リーグ2試合目。ビビリBOYも出場しました。

試合前、古巣の子供達は私と嫁にはニコニコ
しながら寄って来てくれたのに、次男とは
久しぶりの再会にも関わらず、会話0
お互い意識しまくり(笑)

そしてキックオフ…。

終了のホイッスルが鳴るまで、今まで私が
見たことがないほどに気持ちの入ったプレー
をした次男でした。

試合終了後、次男を止めると宣言していた
古巣のDFの子が号泣…

次男との握手も拒否して、チームメイトに
肩を抱かれ帰っていく様子は、DFの子を
よく知るだけに、私は込み上げるものを
抑えることができませんでした

試合後、古巣のコーチ達から声をかけられ
「これからもがんばれよ」と労いの言葉を
頂き、お陰様で笑顔で因縁の一戦を終える
ことが出来ました。

心なしかまた次男の顔つきがよくなった気が
するのは、確実に親バカ目線でしょうね。

当日、結局古巣の子と会話しなかった次男。
どうしたのかな…?と心配していましたが、

大会が終わり引き揚げようとしていたところ
古巣のみんなが次男に向かって、一斉に
笑顔で大きく手を振りながら、

「K太~これからもサッカーがんばれよ~」

満面の笑顔で次男も

「みんなもな~!また試合やろうな~!」

これは、あかんかった…。
今、思い出すだけでも泣けてきます。

少年サッカー。
子供たち。
最高です…

なんか一区切りついた気がします。
さぁ、またこれからだ

20150503_160636.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。