スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダース・ベイダーのテーマ曲が聞こえる…



土曜日。
某招待試合でした。12チームが参加。
会場は、去年まで某なでしこチームのホーム
グラウンドだったらしく綺麗な天然芝。
子供たちも親もテンション上がりまくり

~予選リーグ~
① vs M富 2-1(○)
② vs B子 3-2(○)

2連勝で決勝T進出!
②試合目、後半残り10分まで0-2の劣勢
でしたが、次男がFKを直接決めると流れが
一変!そのまま勢いに乗って逆転勝ち

子供も親もコーチもみんな大騒ぎ
「午後のトーナメントも頑張ろうぜ~!」
と盛り上がっていたのですが…

そこへダースベイダー監督登場…
(あれ?今日は6年も大会だったはず…。
 なぜ?みんなざわつき始めます…)

そして監督が歓喜中の子供たちを集めて、
何やら話し込み始めたなぁ…と思って見て
いると、だんだんと子供たちの顔から笑顔が
消えていきます…

そしていきなり子供たちが一斉にピッチ外周
の400mトラックを猛ダッシュし始めました

私は離れた場所にいたのでクールダウン?
と始めは思ってたのですが、1周で終わらず
2周目に突入(800mダッシュかよ…)。

罰走か…。試合直後にきついなぁ…。
と思っていたところ、戻って来たばかりの子
たちの息が整わないうちにまたダッシュ…

そして、その理不尽?な400mダッシュは
結局5回も続きました…

結果、

・FW(次男) → 過呼吸でダウン 
・CMF(キャプテン) → 喘息の発作でダウン
・RSHの子 → 嘔吐しダウン
・LSHの子 → ダウンし2時間爆睡
・LSBの子 → 頭痛と寒気でダウン

スタメン8人中、5人がダウン
試合中、必死に走りまくっていた5人。
直後にこんなことしたらこうなるでしょ…。

5人の子が泣きながら横になっている様は、
はっきり言って異常でした。私も何がなんで
起こってるのか状況が理解できず、しばらく
フリーズしていたのですが、ふと我に返って
次もう1周行くようなら退団覚悟でもう一人
の父兄と止めに行く覚悟でした。

中・高校生ならまだしも、まだ小学5年生。
コーチ4人誰も止めず、父兄も何も言えず。

次男が移籍して8ヶ月目。監督が5年の試合
を見に来たのは多分3回目だったかと思い
ますが、びっくりしました。衝撃でした…。

他の父兄に聞くと合宿はもっと酷いらしく、
毎年AEDを持参して走りこむのだとか…。

厳しいのは歓迎です。でも限度があります。
もし命に関わるようなことがあったら…

原因は次男いわく、

・試合中の控えの子の態度が悪く走らせた。
           ↓
・走ったらその子たちが一生懸命走らない。
           ↓
・連帯責任でみんなで何周も走らせた。

とのことだったらしい…。

遠い昔、まだ私が学生時代だった頃には
よくある話でしたが…。今は平成27年。

きっと何か監督の考えがあってのこと
だったとは思いますが…。分かりません。
監督のことを私はまだよく知らないので、
この件についてはここまでとします。

~決勝トーナメント~
① vs S台 0-2(×)

予選から2時間試合まで空いたため、ダウン
していた子も復活し出場しましたが、フラフラ
でした。あえなく敗戦。
いつもは実力五分五分の相手ですが今日は
チャンスらしいチャンスも作れず完敗でした。

~3位決定戦~
① vs Wマ 2-1(○)

後半途中、フラフラの次男が決定的得点機会
にPA内で2人のDFに後ろからカニばさみで倒
され、変な倒れ方をした上に顔面を強打し退場。

ピクリとも動かない次男を目の前にして、
サーっと私の血の気が引いていきました。
主審と相手DFが×印出して呼んでる光景は、
今でも思い出すと寒気がします。

そして次男は、コーチに担がれてグラウンド
から遠く離れたチームの待機場所へ。
「靭帯とか骨に異常ありませんように…」
と神様にお願いしながら次男にアイシングを
していると、遠くの方から歓声が…

木陰から遠くのピッチを見てみると午前中の
ダッシュで喘息の発作をおこし、救護室で寝
ていたキャプテンがロスタイムに劇的決勝
ゴールを上げ、みんなに囲まれていました。

ほどなくして、みんなが走って次男の元へ。
キャプテンが開口一番、
「K太、やったぜ!優勝したぞっ!」

すると痛がっていた次男、
「ちげーだろ。3位だろ?」

みんな大爆笑…

幸いにも次男は打撲だけで済みました。
本当によかった。ラッキーでした。しかし
サッカーはケガが何よりも怖いですね。
これからサッカーを続けていく限りケガと
無縁はあり得ないでしょうが、大きなケガ
のないよう神様に祈るばかりです。

さて、閉会式後、コーチから
「もし足が大丈夫なら、急な話なんですが、
 監督から伝言で、明日の4種リーグに
 K太とH希の2人を参加させるようにと、
 言われてるのですが…。行けますか?」



「行けますっ!」
急に立ち上がる次男(おいおい足は…?)

何この展開…

To be continued…

20150606_165301.jpg

P1100137.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ

古典的パターン



日曜日。
TRMでした。初めて対戦する2チームと。
1つ下の4年生が強いので、バーターで
5年生も呼んで貰えたんだと思う(きっと)

20分×6本。
前日の運動会の影響か、早い段階で主力2名
が熱中症?でダウン。他の子達も先週に引き
続きグズグズ状態でどうもピリッとせず。
一体どうしたもんか

さすがに最近温厚だったコーチもブチっ
試合中、控えにはずっと全力ダッシュ指令!
試合なんて関係ねー!って感じでフラフラに
なるまで子供たち走らされていました。
自分なんか見てるだけでも吐きそうに…

でも親たちはみんな知ってます。
単なるしごきとかではなく、気合とか根性
とかではなく、コーチにはちゃんと考えが
あるってことを。だから何も言いません。
コーチを信頼してるので見て見ぬふりです。

で、フラフラになる我が子を見ながら
ふと思いました。

子供とコーチ、親とコーチ、子供と親、
子供と子供、親と親…。みんなお互いが
もっと信頼し合えるようになったら、この
チームはどこまで強くなれるんだろう?
と…。

たっぷり走らされた後の5本目、6本目。
ようやくこの日初勝利からの連勝で〆。
最後は、コーチも親たちもびっくりする程
のナイスゲームでした

全くの別チーム、別人の子どもたち。
あんなにフラフラになるまで走った後の
どこにあれだけ攻める気持ちで走り回る
プレーが出来る力が残っていたのか!?

試合後の挨拶を終え戻って来た子供たち、

「試合の方が楽だし、楽しい~!」

あ、あれだ。
よくある古典的なパターン。
まんまとコーチの術中にはまる子供たち


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ



まさかのプーマ



土曜日。
所属少年団の小学校が運動会で、次男が
入団して半年、初めて練習がお休みでした。

貴重なお休み。次男にどこか行きたいところ
ある?と聞いたところ、
「○○オン!(サッカーショップの名前)」
と即答。はい、はい、結局サッカーね…

ちょうどスパイクが小さくなって来たので、
Jスクール合格のご褒美も兼ねて久しぶりに
スパイクを買いに行くことにしました。

ショップ到着。
いつもの店員さんたちがお出迎え。
「いらっしゃいませー」よりも先に、
「ナイキの今の状況はねー…」

次男が大のナイキ党なのはよくご存じ。
「クリロナの限定カラーが来週あたり…」
と店員さんが話してくれ始めたその時、

「お兄さん、今日はいろんなメーカーのを
 いろいろ履いてもいい?」
と次男。

これには、私も店員さんたちもビックリ
昔からナイキ以外かたくなに試し履きさえ
して来なかった男の子です。

思い込みが強いのか、変に頑固なのか、
クリロナ愛がそうさせるのか、理由はわかり
ませんが、今まで「ナイキがいいのっ!」
の1点張りの子でしたので…

そして試し履き祭りのスタート。
私はテニスですが、超アシックス党!
ここぞとばかりに、アシックス推し
店員さんも「アシックスは、いいよ~」と
アシストしてくれます。

が、あえなく「…NO!」
どうせお金払うなら私の好きなメーカー
のものに払いたかったけど。仕方ない。

次に野球やってた時に好きだったミズノ!
店員さんの評価も高いし、これならどうだ?

「…NO
もう好きにしてくれ…。

その後も履くわ、履くわ…。
多分、ショップに置いてある全メーカーを
試し履きさせてもらったんじゃないかな?

たまたまお客さん少なかったからいいものの
完全に迷惑な客化してました。ごめんなさい。

そして1時間半後。
ようやく決まりました

『プーマ エヴォパワー4.2HG』とやら。

試し履きし続けてる間中、う~ん、う~ん、
と、うなりながら険しい表情してましたが、
このスパイクを履いた瞬間、ニコ~~~

「これで

やっとかよ…。
で、まさかのプーマかよっ

サッカー知らない私のイメージは、遠い昔の
学生時代にサッカー部の友達が履いていた
ものとしかイメージなし。今時、長谷部以外
で履いてる人いるのかよ?ってな感じ。

「セスクが履いてる…」
ぼそっと次男

そして続けて
「なんかねー、いろんな世界を知らないと
 ダメだなって、思ったんだよ。だからスパ
 イクも全部履いてみたくなった。
 そしたらさー、オレを呼んでるスパイクが
 いたんだよ。そのメーカーがナイキじゃ
 なくてプーマだったってこと

そうですか…。意味よくわからんけど
でも試し履きしたままスキップしてる次男を
見てると、私まで幸せな気分になりました

そしたらプーマもなんか結構格好よく見えて
きたからあら不思議です。あ、セスクが
履いてるって聞いたからじゃなく(多分)

なんにせよ、次男が思い込みで決めたり、
ブランドだけで決めたりせず、自分でやって
みて決めたことに、よかったなーと

諦めないでやれば、やっぱりいいことある
んだな♪って、たかがスパイク選びだけど
そんな風に思ったりもしたりして…

今はチームでプーマ履いてる子いません。
次男がナイキの広報の回し者か?と思う
くらいナイキを褒めまくってチームにナイキ
旋風を巻き起こしたせい?か、最近チーム内
はナイキの子ばっかりに。

「今度はプーマ旋風起こすよ!」
何が目的だ!?ビビリBOY…

会計時、レジ前の「従業員募集中」の
張り紙を発見した次男、

「もしボクがサッカー選手になれなかったら
 ここで働いてもいいですか?」

店員さんたちが笑顔いっぱいで、
「大歓迎~!もう全メーカー知ってるもん
 ね。大人になるの待ってるよ~!」

11歳にして就活の抑えもちゃっかりキープ
した次男でした


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。