スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったね、4位おめでとう!



こんばんは。
敬老の日。4種リーグ最終節でした。

台風の影響で一日中雨でしたが、天然芝の
素晴らしいピッチで問題なく開催となりました。

おさらいですが、次男のチームは前節まで
グループ5位。4種リーグ県大会には残念
ながら昨年のように出場することは出来
ませんでした。

ただまだ全日本少年サッカー大会地区予選
に参加するためのプレーオフ進出圏内の4位
以内のチャンスは残されていました。

4位チームとの差は勝ち点1。
この日の最終試合の直接対決で勝てば4位。
引分け以下だと5位のままでThe Endでした。

最終試合の前のこの日の初戦(15試合目)。
取りこぼすと最終試合を前にして5位決定
というプレッシャーのかかった一戦。

ケガ中の次男ともう一人を除く全員が出場。
結果は8-0と最終決戦へ向けて弾みがつく
完勝となりました。

いざ出陣!

1474347058737.jpg

そして、直接対決の最終決戦を前に、涙なし
では見られない光景が目に入って来ました。

このチーム初めての全員での円陣でした。

4種リーグが始まるまでAチームとBチーム
の間で常にいざこざの絶えなかった子たち。
1試合1試合戦う内に徐々に仲がよくなり、
ようやく最後の最後でひとつにまとまりました。

こうなったら勝利の神様も微笑まずには
いられなかったのでしょう。

4種リーグ前期、何度も味わった1-0から
の逆転負け劇。

この日も早い時間に先制。
その後も20本以上シュートを打ちながら
6回もバーやポストに嫌われ、なかなか
追加点が奪えない嫌な雰囲気。
どうしても前期の悪夢が蘇ります。

しかし、この日の子たちは違いました。
前期から後期になって、確実に逞しく成長
している姿を見せてくれました。

ピッチに出ている子たちは全力ファイト!
ベンチの子たちも全力応援!

もうどこに目をやってもウルウル…(泣)

いやぁ、素晴らしかった。
これぞまさに私の描く少年サッカー理想形。

普段、怒ってばかりのコーチも最後の方は
「みんな、がんばれ~!」
とコーチングなしの大声援(苦笑)

もちろん私を含む父兄は言わずもがな。
私も完全に声がかれてしまいました。

ピッチでプレーする子たち。
ベンチで応援する子たち。
ベンチで応援するコーチたち。
ベンチと逆サイで応援する父兄たち。

みんなでひとつになりました。なれました。

1-0。奇跡の大逆転4位でした。

おめでとう!みんな我が子のようにかわいい
32期生の子たち。

この勢いで全日本少年サッカー大会地区予選
プレーオフを勝ち抜き、地区予選も突破して
先輩たちがなし得なかった県大会まで是非
行けるよう心から祈っています。

大丈夫!きっと大丈夫!
みんなでひとつになってがんばろう!

がんばれ、32期生!

1474347004235.jpg

1474347067425.jpg

ケガ中の次男。この日も応援隊長で
全力応援がんばっていました。
勝利の瞬間は本当にうれしそうでした。

ただ、勝利後の子供たち全員での
スライディングパフォーマンスや写真撮影
の時に時折見せる笑顔の後の悔しそうな
表情をパパは見逃しませんでした(笑)

復帰出来たらケガ中にすっかり居場所が
なくなったポジション取り戻せるといいね。
でも焦らなくていいよ~。

K太の膝が出来るだけ早く治りますように!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
179:
 夏の地獄の特訓の成果でしょうかね。(笑)

 サッカーは、時として残酷な程体力勝負となります。

 本来、小学生の内は激しい走り込みなんてする物じゃないのでしょうが・・・勝ちたいと思えば、ここを作り上げないといけなくなってしまいます。

 と言うか、そう考える指導者が多いのです。

 その結果、勝利を手にする事が出来る事も少なくないのですがね・・・その代償が高く付く事もある訳です。

 それが、故障者・・・次男君の様に・・・。

 勝つ事に拘れば、誰かその代償を負う事になると言うのも皮肉な話ではあります。

 サッカーの神様は、生贄を求めるのか・・・と思ってしまう事もマジでありますよ。

>スライディングパフォーマンスや写真撮影
の時に時折見せる笑顔の後の悔しそうな
表情をパパは見逃しませんでした(笑)

 この気持ち分かりますよ。

 息子もそうでしたから・・・でも、息子も最後の大会で県大会に出場出来た事自体は嬉しかった・・・同じチームの一員として・・・って、後にコーチに告白しています。

 ただ、試合には1秒も出場できなかった事が心残りだと・・・。

 次男君も同じ様な気持ちなんだと思いますよ。

 あのピッチに自分が立てなかった事は残念、でもチームとして勝てた事自体は素直に嬉しい・・・次は、あの場にあの輪の中に自分がいられるかも知れないってきっと思っているんだと思います。

 だから、今はちゃんと直しましょう!

 サッカーの神様がくれた休息ですから、無駄にすると・・・ねぇ?
181:
yellow10さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

なるほど納得です。

次男がチームの勝利に生贄として貢献出来たのなら
よかったです。

…なんてわけありません(-_-;)

これでいいわけがないと思います。

私は勝利に拘るのは構わないと思っていますが、
問題は拘り方ですね。

一体誰のための少年サッカーなのか?

これ以上のコメントは差し控えておきますが。

次男はまさに昨年の息子さんと同じような状況です。
気持ちわかっていただけてありがとうございます。

中学に入って息子さんのようにサッカーを楽しめる
よう仰るように焦らず治療に専念することにいたします。

サッカーの神様がくれた休息をムダにしないように…。

ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。