スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民大会



GWに市民大会が入りました。
ビビリBOYがサッカーを辞めるはずだった
2年前のGWの市民大会を思い出します。

当時3年生だったビビリBOYは、クラブ内での
レギュラー争いに敗れ、週末の遠征メンバーから
外れることが多くなり、そのたびに号泣の日々…。

コーチからは
「センスはあると思うけど、メンタルが最低。
 技術は後から覚えられるけど、メンタルだけは
 天性だからねぇ…」

とサッカー選手失格の烙印を押され、本来で
あればサポート、フォローしてあげないといけない
立場の私からも追い打ちをかけられるように、

「諦めんなよ!負けんなよ!気持ちだよ!…」
などと追い込まれて心の行き場を失い、ついに
「もう、サッカー辞めるっ!」
と、精神的に切れてしまっていたあの頃。

そしてビビリBOYも私ももうこれからどうして
いいのか全くわからなくなっていたGW某日。

たまたま入った本屋で見つけた本が、
『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』
(池上正著)でした。

完全に呼んでました…。
目から鱗がポロポロと…。
そして涙がボロボロと…

今までの次男に対する愚行を深く反省し、
次男に頭を下げて詫びました。

そして、翌日。チームは遠征で、遠征メンバー
から外れたビビリBOYと2人で近くの河原まで
散歩に出かけました。

そこではたまたま地元の少年サッカーの市民
大会が行われていました。

2人でグラウンドに近寄ると、それはそれは
楽しそうにサッカーをしてキラキラしている
子供たちが大勢いました

2時間くらいほとんど会話もせず、2人で
ぼんやり観戦していたところ、

「オレ、あの赤いチームに移りたい…」
と、ビビリBOYが私にお願いして来ました。

その後、その赤いチームに入れてもらい
またサッカーが大好きな子供に戻りました。

あの2年前のGWがなければ、今、サッカー
ボールを追いかけてなかったことでしょう。

今はまた同じ市の別の青いチームに移籍し、
このGWには、古巣の赤いチームと対戦する
ことになるかもしれません

ビビリBOYも私も、新人戦より、全少よりも
実は一番楽しみにしていた対戦です

本当に楽しみです


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。