スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの学び



昨日は所属している少年団主催大会でした。

まだビビリBOYが入る前の昨年の同大会
は、同じくらいのレベルのチームをご招待し
優勝。今年は、攻めのマッチメイクで過去
対戦して負けたチームばかりをご招待。

戦前から苦戦が予想されましたが、結果は
予想以上にボコボコにやられました…

(予選リーグ)
 ①1-4(×)vs T平 
 ②1-3(×)vs M原 
 ③2-2(△)vs K関 
(最下位決定戦)
 ・省略(所属チームA・Bの紅白戦化の為

いやぁ、気持ちいいほどやられました
特に1試合目の相手は、さすがI区王者
Aチームの子も何人か来てくれたみたいで
レベルが全然違いました…

上手くて強くて、ビビリBOYのチームが
お手本にするにはピッタリのサッカーを
するチームでした。
もちろん各試合圧勝で本日も優勝

コーチは、
「卒団までにT平に1回は勝てるように
 これからがんばっていこう!」
と立場上、発言されていましたが、
客観的に見てその確率は1%ない
本当にいい勉強させてもらいました。

ビビリBOYは、
「10番は知ってるJジュニアの子より上。
 今日来てくれたT平に感謝。呼んでくれ
 たコーチに感謝。すごい子たちと試合
 出来て、今日はがんばって参加して
 よかった。悔しかったけど楽しかった!
 いろいろ学べたからまた明日から
 がんばるよ
と、前向きにとらえていました。

前日38.6℃の熱を出したビビリBOY。
私は大会参加を諦めていましたが、
「気合で熱下げて絶対出る~!」
と言って諦めず1日で熱を下げ、参加にこぎ
つけました。今日の経験はがんばって気合
で熱下げたご褒美かな。

この貴重な経験を活かしてまたこれから
がんばっていこう~

p.s. 『私の反省点』
昨日は、私的には熱が下がったからと次男の試合参加をOKしました。しかし、体調不良で試合の合間に横になったり、休憩中のチーム練習にも参加せず、みんなでやるべき試合後の罰走も途中でやめてしまったりと、コーチ、父兄、チームメイトのみんな、たくさんのチーム関係者の方々に大変ご迷惑をおかけしてしまいました。今冷静になって考えると、昨日はやはり試合に参加させず、次男には応援に専念させるべきだったと深く反省しています。以後、あと卒団するまでの2年間、それがどんな大事な試合だろうと、体調が悪い時には、自分のことだけを考えずに、いくら次男が出たいと言っても、チームのためには休ませないといけない。それが私の役目だと恥ずかしながら今更ですが気付きました。この歳になっても人として未熟な私。次男と一緒に少年サッカーからいろいろと学ばせてもらっています。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。