スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度の移籍を経て



ビビリBOYは、小学校に入学してから今までに
2度の移籍を経験しています。

 ・強豪クラブチーム(2年2ヶ月在籍)
        ↓
 ・隣町の弱小少年団(1年5ヶ月在籍)
        ↓
 ・現所属の地元少年団(5ヶ月経過)

強いクラブチーム、弱い少年団、強くも弱くもない少年団と
それぞれ異なるタイプのチームに在籍させてもらいました。
結果的にはとても貴重ないい経験になっています。

辞めた2チームとも本当にいいチームでした。
今もずっと変わらず感謝の気持ちしかありません。

クラブチームでは、幼稚園時代を含め4年ちょっとの間、
サッカーの基礎をしっかりと叩き込んで頂いただけでなく、
サッカーの厳しさの一端を垣間見せてもらい、本当に勉強
になりました。ビビリBOYの原点は間違いなくここにあります。

また隣町の少年団では、忘れかけていたサッカーの楽しさ、
仲間の大切さを思い出させてもらい、またサッカーを頑張ろう!
と思い直すきっかけを与えてもらいました。
このチームに入っていなかったら、今頃ビビリBOYはサッカーを
辞めていたことでしょう。

2チームとも在籍している時には、まさか辞める日が来るなどとは
全く予想していませんでした。世は無常ですね…。

「○○という理由で、残念だけど、悲しいけどチームを辞めたい。」
いつもビビリBOY本人の口から突然の宣言で驚かされました。

単にチームの何々が嫌だとか、誰々が嫌だとか、そういったことでは
なく、私が聞いても、コーチが聞いても、チームメートが聞いても、
「あぁ、それなら仕方ないな…。」といった納得の理由でした。

「誰のものでもない。K太のサッカーは、K太自身のものだ。」
理由の原点(夢)がはっきりしているので、辞めるチームのみんなとも
、父兄とも、コーチともいつも最後は笑顔でお別れです。

2度の移籍を経て、辿り着いた今の少年団。
所属するチームに、初めて同じ小学校の友達がいます。
幼稚園時代のクラブチームで親友だった友達がいます。
幼稚園入園時に、初めて出来た友達がいます。
同じマンションの同じフロアに住む幼馴染の友達がいます。

何かに吸い寄せられるかのように集まった仲間たち。
仲が良くて、負けん気が強くて、ひとつになって戦えるチーム。

K太、持ってるなぁ…。
あと2年、感謝を忘れずに思いっ切り自分のサッカーを楽しめよ~!


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。