スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダース・ベイダーのテーマ曲が聞こえる…



土曜日。
某招待試合でした。12チームが参加。
会場は、去年まで某なでしこチームのホーム
グラウンドだったらしく綺麗な天然芝。
子供たちも親もテンション上がりまくり

~予選リーグ~
① vs M富 2-1(○)
② vs B子 3-2(○)

2連勝で決勝T進出!
②試合目、後半残り10分まで0-2の劣勢
でしたが、次男がFKを直接決めると流れが
一変!そのまま勢いに乗って逆転勝ち

子供も親もコーチもみんな大騒ぎ
「午後のトーナメントも頑張ろうぜ~!」
と盛り上がっていたのですが…

そこへダースベイダー監督登場…
(あれ?今日は6年も大会だったはず…。
 なぜ?みんなざわつき始めます…)

そして監督が歓喜中の子供たちを集めて、
何やら話し込み始めたなぁ…と思って見て
いると、だんだんと子供たちの顔から笑顔が
消えていきます…

そしていきなり子供たちが一斉にピッチ外周
の400mトラックを猛ダッシュし始めました

私は離れた場所にいたのでクールダウン?
と始めは思ってたのですが、1周で終わらず
2周目に突入(800mダッシュかよ…)。

罰走か…。試合直後にきついなぁ…。
と思っていたところ、戻って来たばかりの子
たちの息が整わないうちにまたダッシュ…

そして、その理不尽?な400mダッシュは
結局5回も続きました…

結果、

・FW(次男) → 過呼吸でダウン 
・CMF(キャプテン) → 喘息の発作でダウン
・RSHの子 → 嘔吐しダウン
・LSHの子 → ダウンし2時間爆睡
・LSBの子 → 頭痛と寒気でダウン

スタメン8人中、5人がダウン
試合中、必死に走りまくっていた5人。
直後にこんなことしたらこうなるでしょ…。

5人の子が泣きながら横になっている様は、
はっきり言って異常でした。私も何がなんで
起こってるのか状況が理解できず、しばらく
フリーズしていたのですが、ふと我に返って
次もう1周行くようなら退団覚悟でもう一人
の父兄と止めに行く覚悟でした。

中・高校生ならまだしも、まだ小学5年生。
コーチ4人誰も止めず、父兄も何も言えず。

次男が移籍して8ヶ月目。監督が5年の試合
を見に来たのは多分3回目だったかと思い
ますが、びっくりしました。衝撃でした…。

他の父兄に聞くと合宿はもっと酷いらしく、
毎年AEDを持参して走りこむのだとか…。

厳しいのは歓迎です。でも限度があります。
もし命に関わるようなことがあったら…

原因は次男いわく、

・試合中の控えの子の態度が悪く走らせた。
           ↓
・走ったらその子たちが一生懸命走らない。
           ↓
・連帯責任でみんなで何周も走らせた。

とのことだったらしい…。

遠い昔、まだ私が学生時代だった頃には
よくある話でしたが…。今は平成27年。

きっと何か監督の考えがあってのこと
だったとは思いますが…。分かりません。
監督のことを私はまだよく知らないので、
この件についてはここまでとします。

~決勝トーナメント~
① vs S台 0-2(×)

予選から2時間試合まで空いたため、ダウン
していた子も復活し出場しましたが、フラフラ
でした。あえなく敗戦。
いつもは実力五分五分の相手ですが今日は
チャンスらしいチャンスも作れず完敗でした。

~3位決定戦~
① vs Wマ 2-1(○)

後半途中、フラフラの次男が決定的得点機会
にPA内で2人のDFに後ろからカニばさみで倒
され、変な倒れ方をした上に顔面を強打し退場。

ピクリとも動かない次男を目の前にして、
サーっと私の血の気が引いていきました。
主審と相手DFが×印出して呼んでる光景は、
今でも思い出すと寒気がします。

そして次男は、コーチに担がれてグラウンド
から遠く離れたチームの待機場所へ。
「靭帯とか骨に異常ありませんように…」
と神様にお願いしながら次男にアイシングを
していると、遠くの方から歓声が…

木陰から遠くのピッチを見てみると午前中の
ダッシュで喘息の発作をおこし、救護室で寝
ていたキャプテンがロスタイムに劇的決勝
ゴールを上げ、みんなに囲まれていました。

ほどなくして、みんなが走って次男の元へ。
キャプテンが開口一番、
「K太、やったぜ!優勝したぞっ!」

すると痛がっていた次男、
「ちげーだろ。3位だろ?」

みんな大爆笑…

幸いにも次男は打撲だけで済みました。
本当によかった。ラッキーでした。しかし
サッカーはケガが何よりも怖いですね。
これからサッカーを続けていく限りケガと
無縁はあり得ないでしょうが、大きなケガ
のないよう神様に祈るばかりです。

さて、閉会式後、コーチから
「もし足が大丈夫なら、急な話なんですが、
 監督から伝言で、明日の4種リーグに
 K太とH希の2人を参加させるようにと、
 言われてるのですが…。行けますか?」



「行けますっ!」
急に立ち上がる次男(おいおい足は…?)

何この展開…

To be continued…

20150606_165301.jpg

P1100137.jpg


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
11:
 何処も似た様な物ですね~。

 うちも団長が来ると、子供達のペースが乱れます。

 ハーフタイムに何か言おう物なら・・・必ず失点しますね。

 ある意味持ってます。

 なので、うちの学年には「来るな」と言う呪文が飛び交っています。(笑)

 疫病神と言っても過言ではないのですよ。

 まぁ、冗談はさて置き・・・うちの息子も以前、スライディングを後ろから受けて、腰を強打した事があります。

 その時も同じ様な思い・・・と言うか祈りに近い心境でただ、息子のそばにいた事を覚えています。

 1週間位は走るのも歩くのもきつかった様です。

 うちのチームにも試合中の怪我から復活できないまま1ヶ月が過ぎてしまった子がいます。

 横からスライディングを受けた事による物ですが・・・。

 怪我は本当に怖いのです。

 気を付けて下さいね。

 罰走に関しては、監督は・・・昔からそうしている・・・その程度の事でしょう。

 しかし、その一方で・・・子供達にも甘えもあった訳で、 監督がいようと、いまいと同じ態度でサッカーに取り組むべきだと言う事ですよね。

 一部の子のせいで・・・と言う声も良く聞きます。

 しかし、そう言う雰囲気を許さないチーム作りもして行かないといけないのですよね。

 うちのチームもそう言う方針です。

 練習態度が悪い子がいれば、キャプテンを始め周囲の子達が注意し合う様にしています。

 それが出来なかった時は、やはり全員で罰走です。 

 どこかで仕切り直す必要があると言う事ですよね。

 試合の最中なら尚の事です。

 結果負けてしまったとしても、そう言う苦い思いをした事を覚えて、次に繋がれば・・・罰走も意味があるのではないのでしょうかね。

 監督がそこまで考えていたかどうかは、分りませんが・・・。(^^;
12:
>yellow10さん

いつもありがとうございます。

監督の件、お陰さまで気分が落ち着きました。
yellow10さんに言われると、すっと心に入ってくるから
不思議です(^^;

確かに子供たちに甘えがあったのは否めません。
私自身も一部の子が…と思ってしまっていました。
でもそれは私の間違いだったな、と思い直しました。

一部の子のせいで…と言い訳せず、みんなでひとつに
なって戦えるようにならないといけないんですよね。

コーチたちは「たまにはガツンとやられないとダメだ」
と今回の監督の言動については肯定的でした。
お母さんが叱っても聞かないので、最後に怖いお父さんが
登場~!といったイメージなんですかね。

目の前で過呼吸になり、「助けて…」と泣く息子を見て、
監督がダースベイダーもとい鬼にしか思えなかった私。
きっと過保護なんでしょうねぇ…(^^;

理不尽なことにも歯を食いしばって耐えられる強さを身に
着けるのに、早過ぎて悪いことはないですもんね。

サッカーを通じて頑張れる人になって欲しいと願っています。

ありがとうございましたm(_ _)m
14:
まぁ、理屈ではありますけど・・・何事も限度って物がありますから・・・ねぇ?

 見ている親としては、気が気じゃないのは確かです。(^^;

 行過ぎた指導と言う物も確かに問題となっている中で、未だにこう言う指導が行われていると言う現実を親は直視しないといけません。

 何らかの行動を起こすにしても、受け入れるにしても、熟考した上で行う必要がありそうですね。

 子供達の為になるのかどうか・・・実際の所は分かりません。

 しかし、世の中にはこう言う人も居ると言う事は、理解できるのかな・・・と思います。

 私達が子供の頃よりは、それでも全然マシなのだと思いますよ。

 だから、良いと言う訳でもないのですが・・・。(^^;
15:
>yellow10さん

ありがとうございます。
yellow10さんの言葉、いつも胸にしみます。

次男は、クラブチーム→ゆるい少年団を経て、厳しめの
チームは初めてなのでまだ多少戸惑ってるようです(^^;

でも、厳しいチームだということは覚悟の上でした。
入団して8ヶ月。そういえば次男はいつも「楽しい」と
言っていて、「辛い」「苦しい」ましてや「辞めたい」と
言ったことをまだ一度も聞いたことがありませんでした。

今回の件を経験し、私は更にもう一歩下がって見守った方
がいいのかな、と感じています。

次男には色々と経験して将来の糧にして欲しいと思います。

ありがとうございましたm(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。