スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度差 第1章



日曜日。
5年のTRMでした。
相手は、同じ地区のライバルチーム。

半年前のTRMでは2-1でスコア的には
勝利したものの内容的には負けてました。

あれから両チームそれぞれどのくらい
成長してるのか?とても楽しみでした。

先に結果をお伝えしておきます。

はい、3連敗の大惨敗…
勝てる要素が1㎜もありませんでした

もう今後相手してくれないだろうなぁ…。
ライバルなどとは恐れ多くてこれからは
口が裂けても言えません、言えません…。

子供たちは口々に
「知らない子ばっかりだった。上手い子が
 きっとたくさん移籍して来たんだよ…」

と言ってましたが、帰宅後半年前のビデオ
チェックすると、全員半年前にもいました。

ついでに半年前の録画を見直しました。
相手の子たちは、ホントに成長してました!
子供たちが別人だというのも納得の成長
ぶりでした。きっと冬の間、一生懸命練習
してたんでしょうねぇ。それに引き換え…。

と、実力が開いてしまった結果にウダウダ
言及するつもりはありません。

課題もたっぷり炙り出してもらえたことだし
これからまた頑張って行こうぜ~!

と行きたかったのですが…。


ちょっとチームヤバいかもなんです…

この日は久しぶりに5年17人が勢揃い。
ところが、前日6年TRMに借り出された5人
と、呼ばれなかったAチームの子5人。
それにBチームの7人がパックリと3つに
気持ちが別れているのが見て取れました。

6年に借り出された子たちは、6年に招集
されたことをみんなに自慢したり、優越感
に浸るようなことはもちろん一切しません。

むしろ前日の6年の素晴らしい姿勢に刺激
を受け、オレたちも!といつも以上に声を
出し、気合十分でした。

が、呼ばれなかったAチームの5人を見ると
いつもより声も少なく、動きも悪い感じで
なにか自信を失っているように見えました。

Bチームの子たちに至っては、全員ではあり
ませんが、殆どの子がもう完全にやる気を
失っているように見えました。

メインの担当コーチがこの日不在だったのも
重なりました。結局、この日は終日雰囲気
の悪いまま解散となりました。

この日次男は、おいおい大丈夫か…
と心配するくらい試合が終わるたびに
激しく号泣していました

「なんで一生懸命やらないんだよ…

そう言ってずっと泣き続けていました。
私を含め誰も声をかけられないほどに…。

TRM終了後、流せる涙がよくまだあるな、
と思うほどまた泣いていた次男の元へ
Bチームの一人の子が近寄りました。
そして、ゆっくりと冷めた声で、

「なんで泣いてんの?バカじゃないの?」

聞きたくない言葉でした…。


To be continued …
(って、またこの展開。ご了承を…)


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。