スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイスチャレンジ2発



↑ 一昨年撮った貴重な写真です

次男が生まれて11年3ヶ月。
この日が彼の過去で唯一の海水浴

楽しげに見えますが、実はビビってます。

案の定、この写真撮影の5分後、ひざ下の
浅い深さでもおぼれそうになりました…

海が嫌いです
プールが嫌いです
だって泳げないから…

海なし県に生まれ育ったからという
言い訳は通用しません。

クラスで泳げないのは、次男と、同じ少年団
のエース君の2人だけ

過去3年間、水泳の授業は全てズル休み。
こりゃ、小学生の間は泳げるようにならない
んだろうなぁ、と思っていたら…

先週3年ぶりに水泳の授業に出席!
それも次男自らの意思で

ビビリまくって過呼吸になりながらも、
がんばって首まで水につかれたとのこと

いいぞ!ナイスチャレンジ


20130721_101817.jpg

↑ これまた一昨年の貴重な写真です

初めて自転車にまたがった日。
三輪車にも乗ったことがなかった次男。

基本的にどんな子でも、1日で自転車に
乗れるようになるという噂の自転車教室の
門を叩きました。

午前教室の同期40人。
乗れずに終えたのは、次男のみ

午後教室の同期20人。
乗れずに終えたのは、やはり次男のみ

しかも、午前+午後を経て、乗れずに終えた
子は記憶にないと指導者に謝罪される始末。

傷心の次男、その後2年間、自転車にまた
がることは一度もありませんでした…。

こりゃ、小学生の間は自転車に乗れるように
ならないんだろうなぁ、と思っていたら…

先週2年ぶりに自転車にまたがりました!
それも次男自らの意思で

ただ、ペダルを漕ぐのはまだ先の夢物語。
今は両足をつけてヨチヨチ歩くのが精一杯。

両足のすねをペダルにぶつけて傷だらけに
なっても、サッカーのシンガードを装着して、
がんばって一歩一歩前に進んでいます。

いいぞ!ナイスチャレンジ

-------------------------------------

次男が今まで、あれほど逃げまくっていた
「自転車」と「水泳」。急に先週チャレンジ
したので、本当にビックリしました

なんで急に?

「Jスクールとドリテクスクールのコーチに
 『普段の生活が全部サッカーに出る。
  普段からチャレンジしてないやつが、
  サッカーの試合の時にチャレンジ
  できるわけがない!』
  って、2日続けて言われたんだ

サッカーの力ってすごいなぁ…
あれだけ散々言っても全く動かなかった
次男なのに…。

このブログのサブタイトル、
「5年生にもなって、自転車に乗れない、
 泳げない…。だけどサッカーだけは
 負けられない!」

を修正する日は果たして来るのか?
楽しみです


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村


少年サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
30:
 確かにナイスチャレンジです。(^^)

 コツさえ掴めば何とかなるのですがね。

 水泳は、息子も毎年夏休みに補修授業を受けていました。

 しかし、我が家は・・・私の方針で、4年になったら水泳部なのです。

 姉達に続き、今は息子とその妹も水泳部です。

 息子も4年生の内に、何とか平泳ぎで50mを達成できました。

 水泳大会では、泳いでいると言うより・・・溺れている感じでしたが・・・皆の拍手と声援を受けながら、何とかゴールに辿り付けた事を覚えています。

 もちろん、ぶっちぎりのビリです。(笑)

 でも、自分から平泳ぎに出たいと言ったそうで、そう言う所は親に似ずチャレンジ精神を持ち合わせています。

 今では、平泳ぎもクロールも遅いながらも50m泳げるまでになっています。

 今は、背泳ぎに挑戦中だそうで・・・そう言えば、長女も6年の時は背泳で大会に出た様な・・・。

 水泳部で散々泳いだ後に、ナイター練習ですからハードな夏ですが、何時かやってて良かったと思える時が来るはずです。

 姉達は、そう思ってくれた様です。

 何事もチャレンジ精神で、最後まで諦めないで!

 頑張れ、次男君!
32:
yellow10さん

息子さん、がんばってますね~(^^)v

クロールと平泳ぎで50mも泳げればもう十分ですね!
なのにそれに満足せず更に背泳ぎにも挑戦しているとは!

水泳にはまったというより、チャレンジすること自体に
はまってる感じですね~。いやぁ、素晴らしいです!

水泳部+サッカーのハードな夏。
乗り切った先の達成感、充実感すごそうですね!
この経験は息子さんにとってきっといい財産になりますね(^^)

小学生ラストサマー、応援してます!

----------------------------------------------------

それに比べると我が家の次男は…
「ナイスチャレンジ!」
と言っても、普通は幼稚園とか小学校低学年でチャレンジ
するようなことで…(^^;

でも本人基準で考えるとすごいチャレンジなんです!

ブログタイトル通り、本当に昔からビビリっ子で、
何をするにもビビってまずチャレンジしない子です。
(私の似てほしくないところが似てしまいました)

だから今まで自転車も水泳も逆上がりも飛び箱も…etc
(挙げるときりがないのでこのくらいにしておきます(^^;)

サッカーにしても以前はリフティングやフェイントなどは
どんどん自分からチャレンジするのに、苦手な対人プレー
になるとチャレンジせず、逃げまくって逃げまくって…。
もうどうしようもない子でした。

クラブチームを辞めたのも対人で使いものにならず、
コーチから戦力外通告されたのが要因だったほどです。

でも、yellow10さんの記事で、以前「ガツガツ感」の話
を見せてから、明らかに何かが変わりました!!

少しずつですが、対人プレーを怖がらなくなり、少しずつ
いろんなことにもチャレンジできるようになって行ったんです。

今回のチャレンジもその延長線上のような気がしています。
だからチャレンジするきっかけを頂いたyellow10さんに
はいつも本当に感謝なのですm(_ _)m

次男にはこれからもサッカーを通じてチャレンジ精神の
大切さを学び、自分なりに成長していって欲しいと思います。

私もyellow10さんからサッカーと人生について学び、
おじさんですが少しでも成長出来ればと思っています。

いつもありがとうございます(^^)/
33:
 息子が、チャレンジ精神を身に付ける事が出来た大きな要因は、おそらく・・・保育園にあります。

 通っていた保育園が本当に良い保育園でした。

 年長になると、忍者修行と銘打って子供達に楽しみながら色々な事をさせてくれました。

 逆上がり、水泳、のぼり棒、縄跳び、自転車、と習得する度に忍者マークを帽子に縫い付けるのです。

 子供達は、こぞって何でも挑戦していました。

 そんな中で息子は育ったのです。

 卒園までには、当然の様に全ての忍者マークをGETし終えていました。

 先生曰く、「もう今日は止めて明日また挑戦すれば良いよ」と言っても、出来るまで止めようとしなかったそうです。

 そんな子でしたから、先生のお気に入りで常に先生が傍らにいてくれたと言うのも頑張る励みとなっていた様です。

 見守られている事が実感できていたのだと思います。

 ですから、本当に手の掛からない子です。

 それは、今でも変わりません。

 子供って、見守られていると感じられれば、安心して色々な事に挑戦できるのかも知れませんね。

 息子さんも、パパがブログを書き綴りたくなる程、見守ってくれているお陰で挑戦しようと思ったのかも知れませんよ!

 私のブログを読んで・・・よりも、パパが読んでいる物だから・・・自分にとって良い物に決ってる・・・と言う事なのだと思います。

 息子さん、パパが大好きなんじゃないですかね?

 息子さんの傍らに何時もパパさんがいる様な気がします。

 それが、息子さんの勇気の源となっているのだと思いますよ。
34:
yellow10さん

息子さん、いい保育園に通われてたんですねぇ。
忍者修行…それは子供たち燃えますよね(^^)!

でも息子さんが保育園の頃からチャレンジャーで、
今でも手がかからない良い子な1番の理由は、
いつもyellow10さんが息子さんを温かく見守ら
れているからだったんですね…。
yellow10さんが、息子さんの傍らで微笑まれて
いる姿が目に浮かびます…(^^)

-------------------------------------------------

「子供は見守られていると感じると安心して挑戦出来る」
なるほどですね…。今まで意識していませんでしたが、
おっしゃる通りだと思います。
また今日もいい気付きをいただきました。
どうもありがとうございます。

-----------------------------------------------------

私は子供の手本になれるような人ではありません。
なので子供たちには「オレの背は見るな!」といつも
言っています(^^;

でも、手本になれない代りに私の出来ることとして
いつだったか誰かがTVで言っていた、
「常に子供の安全基地になってあげよう」
を意識しています。それが次男の勇気の源に繋がって
いたらうれしいのですが…(^^)

次男が私のことを好きなのかはわかりません。
でも私は次男がかわいくて、かわいくて大好きです(^^)
長男が高3で私を全く相手にしてくれなくなったことも
あり、今は次男をマンマーク状態です(笑)

とはいえ、以前近づき過ぎて失敗したことがあるので、
今は適度に距離を取ってマークすることを意識してます。
うまくマーク出来てるか?ですが。難しいですね…。

「少年サッカーを見守るブログ」…
『見守る』って言葉が入ってますね。
このタイトル好きです。温かい感じがします。

いつもありがとうございます。
35:
 次男をマンマークですか?

 抜き去られない様にして下さいね。(笑)

 適度に、お互い気持ちの良い距離でいられれば、それが一番良いのでしょうね。

 「子供の安全基地」なる程です。

 私は、親と言う字そのままで良いのだと思っています。

 木の上に立って見ている・・・どんなに遠くへ行っても、高い所から見守り続けてあげる・・・この位しか親に出来る事なんてないのでしょう。

 自身が子供の時を振り返ってみても、やはり干渉されれば離れたくなるし、放置されれば寂しい気がして、見ていてくれれば頑張ろうと思って、褒められれば嬉しくて・・・子供ってそう言う生き物なのだと思います。

 だから、見守る事って大事なのだと思います。

 子供は、何時も親の視線の先を捜している様な気がします。

 その視線が、自分の方へ向いているのかどうか・・・そんな事ばかり心配している様な気がします。

 ちゃんと見ているよ!ってシグナルを送るだけで、子供って嬉しい物だし、安心するのだと思いますよ。

 今は、私はこんな風に考えて息子と接しています。

 何も言わなくても、息子の方から学校の事や友達の事を話してくれているので、現段階では良い関係が出来ているのかなと思っています。

 聞き上手になってあげる必要もありますかね。

 意見は言わなくても良くって、ただ聞いてあげるだけで十分な気がします。

 口を開けば、お小言・・・では、やはりうんざりしてしまいますものね!

 まぁ、私は育児評論家では無いので、何か理論に裏打ちされた意見なんて持ってはいませんが・・・。(笑)

 皆様と同じく、つまづき、悩み、心配が耐えない、一保護者に過ぎませんから、上から目線で言える事なんて何もないのですけどね!(^^;

 私も日々、「父ちゃんの様になるな」と再三言い聞かせてますよ。

 後悔しか無い私の人生をなぞらえる事だけはして欲しくないと思っています。

 唯一、後悔していないのは・・・結婚と子供達を創った事くらいですかね。(笑)

 神様がくれた人生最高の贈り物と言えます。
36:
yellow10さん

ありがとうございます。
yellow10さん、本当に素晴らしい人ですね。
まさにおっしゃる通りだと思います。
私も木の上に立って見守っていこうと思います。

唯一後悔してないこと。
全く同じでビックリしました!
神様からのプレゼント、大切にしないといけませんね(^^)

ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。